【30代】文系出身のプログラミング初心者にとって、Progateはどこまで意味があるのか?

スポンサーリンク
プログラミング

こんにちは。ProgateでPythonを勉強しているのぶさん(@nobu3manyu)です。

30代でアラフォーなのに、プログラミング初心者のレベルからPythonの勉強をしています。これまでのキャリアで培ってきた中国語や営業だけではなく、自分で何かを創り出せる技術を身に着けたいと思い、毎日慣れないプログラミングと格闘しながら、一歩ずつ進んでいます。

今回は、巷で評価が高いProgateだけど、初心者がProgateを使ってどんな意味があるのかについて、実際にPythonの講座を修了した経験から、超個人的な意見を書いていきたいと思います。

元々は動画学習サイトの「Udemy」だけでPythonを勉強していたけど、ちょっと違うなと思い始めたので、Progateも併用してみることにしました。

【30代・プログラミング】ProgateでPythonの学習を続けています。
アラフォーで人生に対して若干焦っているのぶさん(@nobu3manyu)です。30代も終わりを告げようとしているアラフォーですが、以前から興味があったプログラミングの勉強を再度開始しています。「再度」と書いたのは、2016年にもプログラ...

Progateを使い始めて2日目ですが、Pythonの講座を一通り終えることができました。

スポンサーリンク

Progateだけでは、とてもじゃないけど文系初心者はエンジニアにはなれない

Progateを初めて2日でPythonの講座を一周終えましたが、断言できます。

初心者はProgateだけではエンジニアになれないと!

Progateの講座内容は初心者はもちろん、中級レベルに行く前の基礎固めや確認として考えているビギナークラスの方にお勧めです。特に初心者は説明スライドと、スライド説明のあとにある実践を通して、学習している言語の感覚が「なんとなーく」つかめるようになります。

この、「なんとなく」だけど、プログラミングの感覚がわかることが、Progateを初心者が使う最大のメリットだと考えています。

実際、ぼくはPythonに関して知識ゼロでしたが、5回の講座を一周したあとは、「なんとなく」感覚がわかった気がしました。その証拠に、初心者向けと呼ばれる書籍を読んで、書籍に書いてあることが理解できるようになりました。

Progateをやるまえは、初心者向けの書籍を読んでも、感覚がまったくといっていいほどつかめませんでした。当然、初心者向けの書籍は説明も丁寧で、基礎の基礎から手を動かしていくことになっています。ただ、完成物にたどり着くまで時間がかかるんですよね。

説明されている意味もわからず、感覚もないまま、基礎をひたすらやっていても、耐えきれずにドロップアウトしてしまう可能性が高いです。たぶん、プログラミング初心者は、このあたりで脱落する割合が多そうです。

だから、Progateは、初心者が書籍を読んで自力で独学していけるだけの感覚と知識、そして自信を植え付けてくれるのが、最大のポイントになると思います。

当然、書籍だけで独学できる人もいるんでしょうが、ぼくのように、文系でプログラミング初心者の場合は、最初から書籍で独学はかなり難しいと思います

Progateで文系初心者もプログラミングを独学できるようになる

 
絵が多いとかいろいろ言って初心者向けだとのことですが、いきなりのPython初心者でプログラミングに触ったことない文系の人だったら、たぶん独学できない内容です。
 
ぼくもProgateやってなかったら、「いちばんやさしい」本でも太刀打ちできなかったと思います。でも、Progateで感覚をなんとなくですがつかんでいたので、本に書いてあることが理解できて、比較的スムーズに頭にはいってくるのが実感できました。
 
正直Progateを一周終わって、「これじゃエンジニアにはなれない」と感じたので、Progate→初級本という流れに気が付けてよかったです。
 
引き続き、ガシガシPythonを勉強していきます。