人生の時間を確保するため2023年にやめたもの!

LIFE

2024年が始まりました。

2023年の終わりごろになると、「今年はこうだった」とか「来年の目標」といった言葉がメディアでも私の周りでも溢れるようになります。目標を持つことはよいのですが、年末年始で全てがリセットされるわけではなく、日本という国では多くの人が1週間程度のお休みに入るだけのことです。

僕は、新年だから何かを決めようというのではなく、数年のスパンでやりたいことを決めていくのが良いと思っています。継続するなかで内容を変更することは大いに結構ですが、年末年始に目標を新たにすることは、個人的にしっくりこないだけです。

ちなみに、2023年は他人の情報に気を取られないようにするために、多くのことを止めた1年でした。とくに、SNSをほぼ完全にやめることができました。

ここ数年はツイッターだったネットサーフィンだったりと、巷にあふれる情報を貪り食べるように使い続けていました。そして、使い続けるほどに疲れてきたり、長期的な計画に沿って人生を過ごしていくのが難しくなったという感覚がありました。

今年は大晦日も元旦もジムでトレーニングしていましたが、流れているテレビは芸能人がどうでもよい話題で騒いでいる番組が多かったです。また、能登地震についても、地震の専門家ではなく、多分茶の間で有名であろう専門外の人にコメントさせていたりと、情報の劣化がすさまじいと感じました。

こうした状況なので、今後も僕がテレビを買うこともないでしょうし、ネットからも距離を置いていくことになると思います。

40歳を過ぎているので、価値がないのにそれらしく思わせる情報も必要ないですし、他人のことも気にしている時間はありません。そうした情報をシャットダウンするのに最適なのが、まずはSNSを断つことでした。

その勢いで、youtubeも制限モードにして検索をかけないかぎりは動画がでてこないようにしました。不思議なもので、SNSとyoutubeを断つと、ネットそのものにあまり興味がでてこなくなりました。その状態でネットを眺めると、「なんでこの人が?」という発信源の情報が多すぎます。

たぶん、これまでの自分は情報に触れていないと脳が満足しなかったのだと思います。気持ちの問題ではなく脳の問題なので、脳の仕組みを理解して物理的に対応していくしかないです。

SNSを止めてまだ1か月程度ですが、心の安寧を感じています。

Visited 12 times, 1 visit(s) today
LIFE
スポンサーリンク
シェアする
nobusanをフォローする