30代サラリーマンが新築ではなく中古の一戸建てを買った1つの理由

スポンサーリンク
マイホーム

多くの人が人生で購入する大きな買い物である、マイホーム。

 

ただでさえお金がかかるマイホームを買って住宅ローンを組むだけでも勇気がいるのに、新築にするか中古にするかでも、めちゃくちゃ悩んでしまいますよね。

 

お金持ちで家を買うことが負担にならない人は好きな場所に、好きな家を買うこともできますが、ぼくも一介のサラリーマンなので、家を購入するのはとても大きな決断が必要でした。

のぶさん
のぶさん

元々一生賃貸で行く予定だったから、迷いに迷いました。

 

【30代・サラリーマン】一生賃貸派で考えていたけど、中古一戸建てを契約した3つの理由とは?
中古一戸建てを契約してしまいました! ぼくは23歳で「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んて以来、持ち家は負債だと信じてきて一生賃貸で行くと決めていました。中国に住んでいる間も、そして36歳で日本に帰ってきてからも、引っ越しはしても賃貸を...

 

住宅ローンを組むことにはそれなりに考えましたが、新築か中古を買う部分については、すでに中古一択で物件を買うと決めていたので、どちらを買うか悩むことはありませんでした。

 

ネットで検索すると新築と中古の比較はたくさん出てきますが、意外とサラリーマンが購入する立場で書いてある記事は少ないように思います。

 

今回は、完全な主観になりますが、ぼくが家を買うときに中古を選んだ理由について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

中古一戸建ては新築より安い! これに尽きます!!

中古を選んだ一番の理由は、新築より安いことです

 

「なんだ。誰でも知ってる当たり前のことじゃん。聞いて損した。」

 

そんな声が多方面から聞こえてきますが、サラリーマンが家を買う際に一番大切なポイントだと考えています。

 

 

 

 

ツイッターで「サラリーマン 住宅ローン 新築」で検索すると、新築を購入した人の状況をたくさん見ることができます。

 

のぶさん
のぶさん

「新築」に魅せられて無理な買い物をしたら、一生後悔するなあ。。。

 

ぼくが住んでいる地方都市でも、駅から車で20分以上かかる場所の新築一戸建てが3,000万円以上と言う物件はざらにあります。たぶん、新築と言うだけで一戸建てなら3,000万円近くします。駅から車で20分以上かかろうが、新築になると3,000万円近くなるのは、どうにも理解ができません。それだけ、新築の需要があるということでしょうね。

 

 

 

 

 

ぼくも経験があるのですが、物件は実際に見ていると、どんどん欲しくなります。特に新築マイホーム神話に影響されている場合、住んでいる近所や通勤時に新築の一戸建てを見るたびに、「欲しいな~!いいな~!」と欲望がめちゃくちゃ刺激されます。

 

ぼくは「新築一戸建て」に縛られて、駅から離れた不便な場所だったり、あるかもわからないボーナス払いまでして、無理に新築一戸建てを手に入れる気持ちには、到底なれませんでした。

 

それよりぼくは、状態の良い中古一戸建てを無理のない範囲で購入して、余裕のある生活をキープしてトータルで人生の満足感を上げたいと考えました。

中古一戸建てにすることで、毎月の住宅ローンも家賃と同じ金額に出来た

 

最終的に毎月支払っていた賃貸物件の家賃と同等の金額で、60歳までに住宅ローンを払い終える中古一戸建てを探しました。「新築一戸建て」の条件を外しているので、自分たちが理想として決めた条件に出来るだけ近い中古物件を買うことに集中しました。

 

結果、駅から徒歩5分の場所にある築10年(購入時)の物件を手に入れることができました。

 

もちろん、住宅ローンも60歳までに支払い終える家賃と同等の金額という条件はクリアしましたので、結果としてとても満足した買い物ができました。

 

ただし、中古一戸建てを購入する際には、瑕疵物件でないことなどをきちんと調査してから購入することが必須になります。安いからといって問題のある物件を買ってしまっては、本末転倒です。

 

 

 

 

 

 

ぼくは中古一戸建てを購入する際は、売主さんの許可を得てから住宅に問題がないかチェックする「適合証明」を実施しました。結果として一点だけ不具合につながるリスクが発見されたので、発見されたリスクを天秤にかけたうえで、修繕してから購入する決断をしました。

新築か中古かではなく、家を買ってどういった生活を実現したいかが大切!

 

 

なにがなんでも「新築一戸建て」でも問題はありませんし、それぞれの幸せがあるので正解はありません。

 

大切なのは、「新築」「中古」の表面的な見方だけではなく、「どういった暮らしをしたいのか?」になると思います。

 

先に自分たちが理想とする人生や生活を定義したうえで、その理想に近いマイホームを探していく方法が、後悔しないマイホーム選びにつながると、自分の経験則からも思います。