【9月第4週】習慣化していたランニングを怪我で中断してしまい、完全にサボりモードに入った1週間でした

スポンサーリンク
ランニング

8月から毎日朝4時半に起きてランニングをしていましたが、先週木曜日に家を出発してすぐに躓いてしまい、坂道をちょっとだけ引きずられる形で転んでしまいました。

転んだ結果、両方の手のひら、左肘と左ひざをしこたますりむいてしまい、40歳手前で年甲斐もなく流血してしまいました。

早朝から転んで流血したのもショックでしたが、何よりも40歳を手前につまずいて転ぶという結果に、「もう若くないんだな」という感情を自分の中で大きく占めたのが印象的でした。

【アラフォー・気を付けましょう】早朝ランニングで5時から盛大に転んで、思いっきり怪我した件
「アラフォーの皆さん、もう若いときと体は同じではないので気を付けましょう」まさに、アラフォーの悲しい現実を強烈な実感とともに味わった木曜日の早朝でした。いまは毎朝4時30分ころに起床して、早朝ランニングを続けています。朝からランニング...

8月からせっかくいいペースで早朝のランニングを習慣化できていたのですが、この怪我で早朝ランニングを続ける気持ちが、少しだけ萎えてしまいました。

なぜ萎えたかは、ぼくもよくわかりませんが、継続してきた緊張の糸が切れたんだと思います。だから、まだ歯磨きのように「当たりまえ」のレベルにランニングはなっていなかったということです。

スポンサーリンク

習慣化は3日、3週間、3か月かかる

むかし読んだ本のなかに、習慣は定着させるために、3日、3週間、3か月の壁があると書いてあった記憶があります。

日本のことわざでも三日坊主という言葉がありますが、昔から3のつく期間は、習慣化に大きく影響していることがわかります。

脳科学的に習慣と脳の調べてみたいのですが、きっと、脳を騙して習慣化できるポイントがあると思います。

そのポイントは、個人的には、快楽物質であるドーパミンだと思っていましたが、確証はまだありません。なにより、自分の早朝マラソンが1か月半で途絶えてしまったので、ドーパミン理論は、まだ検証しきれておりません。

脳と習慣化(依存?)は明らかに密接な関係があると思っていますが、それを結果に結びつけられていないので、まだこれからも検証は続きます。

【書評レビュー】8月に読書した本のなかで脳や身体に関するオススメの3冊紹介します。
今年の8月は猛烈な暑さで、昼間は外にでれなかったこともあり、朝早くから活動して、日中は図書館や家でひたすら読書に励んでいました。 そして8月は転職のあいだということもあり、一か月まるまる時間がありました。40歳を手前にして、長い夏休み...

結局、9月の第四週のランニングは、木曜日、金曜日と日曜日の3日間を合計15㎞ほど走っただけです。

それでも朝にランニングをしなかった日は、なにか体と思考の調子がでないと感じており、ランニングをすることは、自分の生活においてパフォーマンスを上げる大切なポイントだと実感することができました。

ランニングの効果を実感することができただけでも、ランニングを継続してきた甲斐があると思います。

いきなり100%の効果を求めても無理ですし、ゼロイチの考え方だと、今回のようにふとした拍子で継続したモノが止まってしまったときに、止まってしまったことにショックを受けて、結局再開できなくなってしまいます。

実際に、これまでランニングを続けては挫折してきた自分が、毎回陥ってきたパターンです。

また、早朝ランニングをコツコツ継続していきます

「80歳まで健康をキープして現役で活動している」

この目標に向かって、紆余曲折はあると思いますが、自分のペースでコツコツ行きたいと思います。

ただ、10月から涼しくなってきたので、山に長距離のトレランへ行ったり、万里の長城を走った仲間と一緒に長距離ランニングをやりたいと思っています。

【トレイルラン】静岡の安部奥にある真富士山まで走ってきました!
2月から本格的にランニングを再開しましたが、2月29日は4年に一度のうるう年でご褒美として、静岡市の安部奥にある真富士山までトレイルランニングにいってきました。真富士山は標高1343メートルで、静岡市街地から割とアクセスしやすく、トレイ...

そろそろ一人で走るフェーズから、みんなで走りを楽しむことも取り入れていきたいと思います。