外国人は在留カードの期限が1年以上ないと、楽天モバイルを契約できなかった話

スポンサーリンク
未分類

新規に契約すると通話料が1年間無料になるとCMをジャンジャンやっている楽天モバイルですが、もちろん外国人も条件を満たしていれば契約することができます。

私の妻は外国人なのですが在留カードを保有しているため、サイトで確認する限りは楽天モバイルの契約条件を満たしていました。

しかし、今回実際に妻が自分の楽天IDを使って楽天モバイルを契約しようとしたところ、とんでもない落とし穴にはまってしまい、結局妻の楽天IDでは契約をすることができませんでした。

楽天モバイルを契約しようとしている外国人の方で同じようなトラブルに巻き込まれてほしくないので、今回起きたトラブルについて書いていきます。

スポンサーリンク

楽天モバイルのサイトには「有効期限内」の在留カードとだけ記載されていた

はじめに今回契約しようとした妻の前提条件を記載しておきます。

  • 在留カードの期限が1年
  • 日本人の配偶者
  • 労働に関する制約条件なし
  • 楽天ID及び楽天銀行は問題なく開設済

永住権は取得していませんが、観光ビザなどではなく、正規の在留カードを保持している状態でした。なお、この時点で在留カードの残り期限は11か月程度です。

この状態で自分の楽天IDを使って、楽天モバイルに契約申請を行いました。

クレジットカードで決済も完了して本人確認の書類をアップロードするときになって、トラブルが発生しました!

なんと、アップロードした在留カードが「不備」ということで再アップロードのメールがきてしまい、先に進めなくなったのです。

2020年12月10日の申し込み時、実際に送られてきたメールです。

ポイントはメールに記載されている「審査基準」なのですが、このメールだけでは何が不備かよくわかりません。住所も正しいので何度か試しましたが、結果はNG。

そこで、コールセンターに問い合わせたところ、外国人の在留カード期限が「1年以上」ないと契約できないことが、初めてこの時点で発覚したのです。

 

のぶさん
のぶさん

すいません。在留カードを何度もアップロードしても、不備になってしまうのですが。。。

コールセンター
コールセンター

大変申し訳ありませんが、在留期限が1年未満のため、契約ができません。

!!

!!!

 

有効期限が1年以上ないと契約できないなんて、サイトには一言も書いてなかったぞ!!

申し込みをした2020年12月10日時点で楽天モバイルのサイトに書かれていた、外国人が申請に必要な在留カードの情報です。

「有効期限内であること」とは記載されていますが、「1年以上であること」とはどこにも書いてありません

ここまでシンプルにわかりやすく書いてあるので、間違えるはずもないのです。

楽天銀行は在留カードを更新するタイミングで都度提出しているので、問題なく口座を開設&維持できています。

でも、楽天モバイルはなぜか在留期限が一年以上ないと契約できないとの一点張り。

そのため、実質は3年以上の在留期限か、永住権を持っている外国人でないと、楽天モバイルは契約できないのです。

この時点でMNPを済ませてしまっているので、契約できなかったらMNPの3,000円の費用と、契約のトラブル対応に費やした時間が無駄になってしまいかねません。

なにより、顧客を考えていないような記載をサイトにすることで、騙されてしまったような残念な気分に陥ってしまったことが、何よりも悔しかったです。

このような状態に陥ってしまうと、結局は顧客対応の最前線に立たされているコールセンターの方に顧客の不満がいってしまいますが、コールセンターでは判断できないため、延々と押し問答が続きます。

コールセンター
コールセンター

こちらでは判断できかねます。

コールセンター
コールセンター

期限を3年以上にして頂くか、永住権にして頂かないと。

実際にこのようなことをコールセンターとの対応で言われましたが、コールセンターも悪いわけではありません。

※正直、永住権の話がでてきたときは、流石にカチンときてしまいましたが。

悪いのは、このようなビジネスモデルを楽天本社で設計している部隊です。

楽天モバイルの契約で外国人が残念な思いをしないために

最終的には、妻の楽天IDではなく僕の楽天IDを使って契約をすることにしましたが、Googleで同じような被害がないか検索してみましたが、同じような被害にあった人の記録はありませんでした。

のぶさん
のぶさん

楽天のサイトから引用しているだけのブログで「外国人も契約できますよ!」と中身のない記事ばかりでした。

そのため、今回僕たち家族が経験した楽天モバイルでの契約トラブルを記事にした次第です。

別に1年未満で契約できなかったから怒っているのではなく、契約基準を明確にしておらず、契約途中でのメールにも在留期間のことが一切書いてなくて、顧客をはぐらかそうとする対応に僕は怒っているのです。

文句だけだと宜しくないので、「僕だったらどう改善するか」という視点から提案します。

  • 在留カードの「有効期限内」を「有効期限1年以上」に変更
  • 不備で戻ってくるメールに、「何が不備でどう対処するべきか」を記載する
  • コールセンターにも不備の問い合わせに対応できる部門や責任者を置いておく

このようにすることで、契約しようとする入り口でトラブルの芽を未然に防ぐことができます。是非、楽天さんには検討頂きたいと思います。

楽天モバイル自体は使っていて満足しているし他社に比べても差別化できているので、対応が残念だと余計に気になるので。

一人でも多くの外国人が、僕たちと同じような被害にあわないことを願っています。

 

未分類
スポンサーリンク
シェアする
nobusanをフォローする
「やりたいことは、全部やれ!」