一戸建てに住んで2年経って感じたメリットをまとめてみました!

スポンサーリンク
マイホーム

住宅を購入する際に悩む大きなポイントの一つが、一戸建てにするかマンションにするかだと思います。

私も実際に家を買おうと決めたとき、最初は一戸建てではなくマンションがいいなと考えていました。ただ、一戸建てとマンションについて比較をしていったときに、私は自分でコントロールできる部分がより大きい一戸建てを選択しました。

一戸建てを購入したい方はもちろん、どちらを購入しようか迷っている方にとって、一戸建てに住むメリットを知りたいという方は多いと思います。

私は10年以上賃貸でアパートやマンションといったいくつもの集合住宅に住んできた経験があります。そのため、一戸建てとマンションに実際に住んだ経験から、一戸建てのメリットを挙げることができます。

一戸建てを買いたいけど悩んでいる方が読んで頂ければ、一戸建てのメリットがご理解いただけると思います。

のぶさん
のぶさん

ぼくも散々一戸建てとマンションで悩みました。

スポンサーリンク

自分が感じた一戸建てのメリット

一戸建てを買ってから2年になろうとしていますが、実際に私が一戸建てに住んでみて感じてメリットをまとめてみました。

  • 近隣に対する騒音やプライバシーをあまり気にしなくてもよい
  • 管理費や修繕積立費がかからない
  • ローンを支払ったあとは土地が資産として残る
  • 一国一城の主としての自由がある(おまけ)

近隣に対する騒音やプライバシーをあまり気にしなくてもよい

私が感じる一戸建てのメリットは、なんといっても騒音やプライバシーをあまり気にしないことです。一戸建てはマンションなどの集合住宅と違って建物が独立しているため、大きな音や話声が階下や隣に伝わりません。(喧嘩したら聞こえるでしょうけど)

また、集合住宅だと同じ階に住んでいる方と共用部分で鉢合わせたりして、常にご近所さんの存在を気にするといったプライバシーの問題もありますが、一戸建ては共用部分がないので、ご近所さんと鉢合わせて気を遣うこともありません。

のぶさん
のぶさん

以前住んでいたアパートでは、ご近所さんの恋人らしき人が定期的に来ていたので、たまに鉢合わせると結構気まずかったりしました。

我が家は4方向のうち1方向しか他の家と隣り合っておらず、残りの3方向は建物がありません。そのため、余計にご近所さんを気にしなくてもよいメリットが大きいのだと思います。

マンションは角部屋出ない場合を除いて、基本的に両隣はご近所さんと接しているため、プライバシーや騒音を気にすることが多くなります。

実際に私が経験した話ですが、以前マンションに住んでいた際、隣人が真夜中に音楽をガンガンにかけてパーティーしたり、上の階に住んでいる人の椅子を引く音が気になったりしたことがあり、騒音にかなり悩まされたことがありました。

他の方の状況を調べてみても、一戸建ては騒音に対するメリットは非常に大きい感じですね。

管理費や修繕積立費がかからない

一戸建ては、マンションを購入すると毎月支払う必要がある管理費や修繕積立費がかかりません。これはマンションなどの集合住宅は、共用部分の清掃や管理人常駐といった管理費の部分と、定期的に行われる外壁塗装など大規模修繕のための修繕費用を積み立てる必要があるためです。

この管理費や修繕積立費は住宅ローンとは別に支払う必要があるため、ボディブローのように効いてくる費用です。

興味深いことに、SUUMOジャーナルに掲載してある東京カンテイが分析したデータによると、専有面積70平米換算による2010年~2019年の一戸当たりの管理費と修繕積立費の月額平均は年々増加傾向にあることがわかります。

もちろん一戸建てでも定期的なリフォームや修繕が必要になるので、修繕費用は必要になります。ただ、一戸建てだと管理費は発生しないので、毎月かかる費用はマンションに比べて抑えられると思います。

マンションによっては修繕積立費が足りなかった場合、毎月の積立とは別に余分に修繕費を負担させられたという事例もあるので、マンションは自分でコントロールできない部分がより大きいです。一戸建ての場合、あくまでも自分で必要な修繕費だけを負担するので、他の住人に影響されないのは大きなメリットだと思います。

なお、マンションの修繕費用については、こちらの記事で詳しく書いています。

購入検討時はマンション派だったけど、一戸建てを選んだ理由を比較してみた
「家を買いたいけど、マンションと一戸建てのどちらが良いんだろう?」 ちょっと将来に絶望しているといいながら、40歳目前にしてマイホームを購入してしまいました。ずっと賃貸で生活していくと考えていたけど、ある時賃貸と住宅ローンの計算をした...

ローンを支払ったあとは土地が資産として残る

マンションも住宅ローンを支払い終えた後は、土地の一部を所有できますが、一戸建てのように建物がたっているすべての土地が手に入るわけではありません。

一般的に、建物は時間の経過とともに価値が減っていきます。そのため、住宅ローンを払い終えた後に自分の土地を資産として活用したい場合、建て替えるか、更地にして土地を売ったり貸したりすることができます。

一戸建ては自分の物件がたっている土地を全て所有できますが、マンションはあくまでも一部の土地を所有するだけになります。しかも、実際にはその土地の上に他の住人も住んでいるマンションが建っているので、マンションに住んでいたら自分の所有している土地を活用するのは、現実的ではありません。

不動産の出口戦略を多く持つという観点からみると、リバースモーゲージや土地を活用するといった選択肢が多くとれるのは、一戸建てのメリットだと感じています。

マンションを購入した場合の出口戦略は、本などでしっかり勉強しておく必要があります。実際に私もマンションを検討していた時、本で勉強せずに中古マンションの内覧にいっていました。そのあとから何冊もマンションに関する本を読んで勉強しましたが、知らないことも多く、勉強しないでマンションを買うことのリスクを思い知りました

こちらの本に、家賃程度の支払いで新築マンションが手に入るというセールストークの嘘について説明されています。勢いでマンションを買って後悔する前に、本で色々勉強してみると、リスクをトータルで判断できるようになります。

おまけ 一国一城の主としての感覚(完全主観)

これは本当におまけですが、一戸建てだと一国一城の主としての感覚が強くなると思っています。

家に帰ってくるたびに玄関に立つと、「あー、自分の家についた」といった感覚が強く感じます。当然、マンションに住んでいても似たような感覚はありますが、一戸建ては建物が自分だけのモノなので、一国一城の主としての感覚は、より強いです。

のぶさん
のぶさん

こればかりは、自分の完全な主観です。

一戸建てもデメリットだってあります

マンションにはないメリットが一戸建てにはありますが、一戸建てもデメリットがないわけではありません。

私が感じる一番のデメリットは、修繕費用を自分で積み立てて、自分で修繕を行うことです。

マンションは毎月修繕費用が発生しますが、修繕については管理組合や委託している企業が対応してくれます。そのため、自分で忙しい合間を縫って業者と交渉する必要もありません。

一戸建ては毎月の費用が発生しない代わりに、計画的に費用を貯めておかなければなりません。そしてその貯めた費用を使って、自分で修繕するための業者を探し、見積をとって交渉していく手間があるのです。

建設業界に詳しくない場合、自分で業者の選定や見積もりをするのは大きな負担になります。市場感覚もわからないので、知り合いがいない場合は妥当かどうかの判断がつきにくいです。

これは、一戸建ての大きなデメリットだと思います。

トータルで自分は一戸建てのメリットが大きいと感じている

一戸建てはマンションにはないメリットが多くあります。

マンションと一戸建てのどちらを購入するか迷っている方も多いと思いますが、自分のライフスタイル、そして、予算などから後悔のない選択をすることが大切だと、私は自分の経験から強く感じます。

実際に一戸建てを買って後悔したかどうかこの記事に書いているので、興味があれば読んでみてください。

一生賃貸派だったぼくがマイホームを購入して1年たったので、後悔していないか振り返ってみます。
「住宅ローンを組んで、何年も同じ場所に住んで返済を続けるのは絶対にイヤだ!」 大学を卒業するころから中国在住時代、そして2018年に生まれ育った静岡に帰ってきても、一生賃貸で生活していこうと心に決めていました。 でも、2019年にな...